123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-09-05 (Tue)


4本の茄子は、順番に切り戻し、根切りもどして追肥をしました。
先に切り戻ししたものは、すでに実が~
美味しい美味しい種のない秋ナスです。

ついでに、ピーマン類にも追肥をしました。
マルチングしてある未成熟なバーク堆肥をめくり、熊手で中耕しながら追肥をと土をかきまぜだした途端に、ゴロゴロ~と出てくる出てくる・・・
ピーマン類の周りを全部耕し、これはと茄子の周りも耕すと、あれ~~~~状態。
最初に切戻した茄子の調子が悪かったのは、病気かと思ったのですが、これだったんです。

トマトに群がったコガネムシは、隣の茄子 → さらに隣のピーマンのフカフカのマルチングベッドに卵を産み付けたのです。
その向こうのオクラには、あまり幼虫は居ませんでした。
ピーマンもまんべんなく居たわけではなく、一株だけあまりいませんでした。
その株には、ネマトーダが。
オクラにもネマトーダが。
ひょっとしたら、ネマトーダをコガネムシが嫌う??
たまたまよね。
検索してもそのような関係は、探せませんでした。

コガネムシの幼虫は、200匹近くいたと思います。
あぁ~これをしなかったら、恐ろしいことになっていたでしょうね。
目残しは、まだまだうあるでしょうし。

春に夏野菜を植えつけた時には、銀マルチを敷きました。
雨があまりに少なかったので、めくってバーク堆肥のマルチングに変えたんです。
夏の水やりは、楽でしたね。
2年続けてこのやり方にしましたが、昨年よりも恐ろしい数を養殖してしまいました。
さて、この教訓を来年はこれをどのように生かしたら良いのでしょうね。

トマトは、絶対に in ネットです。
キュウリも秋口のウリハムシ対策にそうしたいくらいです。
ネットのハウスが欲しいです~
どなたか良いアドバイスお願いします。

8/23に蒔いた人参は、無事8日で発芽しましたが、その後水やりを1/日していたんですが、あまりの乾燥に段々と減って行き、蒔き直しいたしました。
乾燥防止のもみ殻がなくなっていたんです。
産直にも置いてなく、ライスセンターに行ってもらってきました。
今ならば、もらい放題です。
今度、人参が生えたら、株もとに敷き詰めたいと思います。

日本中で洪水被害があっても、愛知北部で大雨が降っても、ここには降っていなかったんです。
なぜ、ここには雨が降らないんだろう~






御口直しです。
秋の黒蝶が咲きだしました。
白のお芋ダリアは、ずっと咲いています。






Iさんのニコチアナは、マラコイデスの植えてあった鉢にこぼれて大きくなっています。
種まきしたエキウム・カンディカンスもそこそこ成長しましたが、残念がら親株は枯れてしまいました。







プリムラ31は、しっかり育っています。
生え過ぎたので、1/3ほどに間引き、植え広げました。

切戻したバジルの種をバラバラとやっておいたのです。
そのことを忘れ、何が生えたのかと考えていたら、バジルでした。
御入用でしたら、どうぞ。



スポンサーサイト
| 夏野菜 | COM(6) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する