123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-06-19 (Mon)




まだ、野菜にカメムシ来ていませんが、まだアブラムシ付いています。
手でつぶし、シャワーでぶっ飛ばし、天敵のテントウムシ誘致しています。

アブラムシをつぶしながら、なんだか分からないけれど葉っぱに付いた卵もつぶしています。
つぶしている時に、テントウムシの交尾を見ました。
お尻ふりふり、頑張れ~ってエールを送りながらふと思いました。

ひょっとしてつぶした黄色い卵って、テントウムシのじゃなかったかしら?
ネットで検索すると、ビンゴでした。
あぁ~なんと言うことをしてしまったの私・・・
二度とテントウムシの卵はつぶさないわ。

先日、木酢液を野菜に噴霧しました。
まだ、今年はカメムシは野菜では見ておりませんが、予防に努めるのが一番ですから、もっと効果のあるものはないかと探していたら、ストチュウなるものを見つけました。
それも漬け込んで長い間待つのではなく、即効性のストチュウ。

ストチュウとは、酢と焼酎。
略してストチュウです。
病害虫予防のための天然素材の農薬です。
安全と言うメリットはありますが、効果は短く必ず効果が出ると言うもののでもないのです。

簡単に作れ、すぐに使用でき、安全なもの。
害虫が死ななくても、寄ってこなければ良いのですから。

今回作ったのは、ニンニクと唐辛子の代わりにタバスコのストチュウです。


<ニンニク、タバスコのストチュウ>

食酢           50cc
焼酎           50cc
木酢液          50cc
ニンニク       4片をおろしてお茶パックで絞る
タバスコ         5滴(増量した方が良いかも)

200~500倍に水で薄めて噴霧する


今回は、試しに500倍で噴霧してみました。
やっと雨が降るそうです。
雨が上がったら、また噴霧だね。

一つよく分からないのが、タバスコの量。
5滴を500倍で薄めて効果があるのか?
ここをチェックする必要ありよね。



スポンサーサイト
| 殺虫・殺菌 | COM(0) | TB(0) |







管理者にだけ表示を許可する